保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
TOP > 確定申告

確定申告

新しい順  古い順
人気が高まる株主優待と確定申告
税・相続

人気が高まる株主優待と確定申告

株式投資の魅力の一つでもある株主優待とは テレビや雑誌、インターネットの影響もあり、「株主優待生活」などの言葉も一般的になるほど株主優待に関心を持つ人が増えています。株主優待とは会社が株主に対し、配当...

国税庁、来年1月からのe-Tax利用の簡便化をPR
税・相続

国税庁、来年1月からのe-Tax利用の簡便化をPR

「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」 国税庁では、来年1月からe-Tax利用が簡便化されることをPRしている。 同庁によると、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポ...

2018/08/21
6月15日より民泊新法施行!
税・相続

6月15日より民泊新法施行!

6月15日より民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行された。これにより、旅行者に住宅を有料で宿泊させる「民泊」が全国規模で解禁されたことになる。 これまでも大阪市など一部の自治体の条例に基づく「特区民泊」や...

2018/06/29
「仮想通貨元年」の確定申告
税・相続

「仮想通貨元年」の確定申告

2017年は「仮想通貨元年」と言われるくらい、支払手段としても投機対象としても、ビットコインをはじめとする仮想通貨が注目を浴びた年だった。そのため、確定申告が必要な方も少なくないのではないだろうか。既...

セルフメディケーション税制、申告のアドバイスは?
税・相続

セルフメディケーション税制、申告のアドバイスは?

確定申告が近づくと、お客様との面談で医療費控除のアドバイスをすることも多いのではないでしょうか。2018年の確定申告は、医療費控除のひとつ「セルフメディケーション税制」を利用する人にとっては初めての申...

国税庁、2017年分確定申告における留意事項を広報
税・相続

国税庁、2017年分確定申告における留意事項を広報

医療費控除は明細書の提出へ 2月16日からいよいよ2017年分の確定申告がスタートするが、国税庁は確定申告に向けての留意事項をホームページに掲載して注意を呼びかけている。まず、医療費控除の見直しがある...

確定申告書の提出前に注意したいこと
税・相続

確定申告書の提出前に注意したいこと

今年の確定申告の受付は2月16日から3月15日となっている。一方、還付申告については、既に1月1日から受付が始まっている。 以下、ふるさと納税をした場合、及び住宅ローン控除の適用を受ける場合に確定申告...

上場株式等の配当は、課税所得900万円までは確定申告が有利
税・相続

上場株式等の配当は、課税所得900万円までは確定申告が有利

これまでの目安は、サラリーマン695万円、自営業者等330万円 これまで上場株式等の配当については、「所得税」の確定申告がされた場合は「住民税」でも同じ申告がされたとみなされる解釈が一般的でした。これ...

医療費控除はここに注意!間違えやすいポイントは?
税・相続

医療費控除はここに注意!間違えやすいポイントは?

医療費控除は支払ったもののみ、同一生計親族の分もOK 所得税の確定申告でよく問い合わせを受ける項目の1つが、医療費控除である。今回は、医療費控除で間違えやすい点、気を付けるべきポイントをご紹介したい。...

2017/03/15
自宅に設置した太陽光売電収入と確定申告
税・相続

自宅に設置した太陽光売電収入と確定申告

サラリーマンが自宅に太陽光発電設備を設置した場合 給与所得者である個人が自宅に太陽光発電設備を設置し、自宅で消費する電気を上回る量を発電した場合には、太陽光発電による固定価格買取制度に基づき、その上回...

2017/03/09
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)スタート
税・相続

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)スタート

セルフメディケーション税制は医療費控除の特例として、昨年度(平成28年度)税制改正において創設され、本年(平成29年)1月以降の医薬品購入費を対象としてスタートした。 医療費控除との選択適用制 セルフ...

平成28年分確定申告における証券税制の注意点
税・相続

平成28年分確定申告における証券税制の注意点

譲渡益が発生した場合~損益通算、社会保険との関係に注意 例年通り、確定申告の時期となり、既に申告の受付が始まっている。今回は、上場株式等の譲渡所得、配当所得について、注意点をいくつかご紹介したい。 金...

2017/02/28

ランキング

FPSクラブ

おすすめ