<![CDATA[メディア]]> https://hokeneigyo-lab.com/media/ Tue, 20 Feb 2018 08:37:56 +0900 Mon, 19 Feb 2018 08:05:18 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[平成29年中の交通事故の発生状況]]> http://www.npa.go.jp/news/release/2018/20180213001H29zennjiko.html 報道発表資料の概要
平成29年の交通事故事故件数は472,165件(前年比-27,036件、-5.4%)で、負傷者数は580,847人(前年比-38,006人、-6.1%)となり、いずれも減少した。]]>
Mon, 19 Feb 2018 08:05:18 +0900
<![CDATA[平成29年度豪雪に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います]]> http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2018/180215saigai.htm

経済産業省は、平成29年度豪雪に関して、新潟県長岡市、小千谷市、十日町市、魚沼市および東蒲原郡阿賀町に災害救助法が適用されたことを踏まえ、被災中小企業・小規模事業者対策を行います。

]]>
Fri, 16 Feb 2018 10:24:43 +0900
<![CDATA[平成29年度豪雪にかかる災害に対する金融上の措置について(新潟県)]]> http://www.boj.or.jp/announcements/release_2018/rel180215a.pdf 平成30年2月14日

平成29年度豪雪にかかる災害に対する金融上の措置について(新潟県)]]>
Fri, 16 Feb 2018 10:08:48 +0900
<![CDATA[災害救助法適用地域の特別取扱いについて(新潟県)]]> http://www.seiho.or.jp/info/news/2018/20180215.html このたびの連日の降雪により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

生命保険会社では、災害により災害救助法適用された地域の被災者のご契約について、以下の特別措置を実施しております。

]]>
Fri, 16 Feb 2018 09:11:40 +0900
<![CDATA[事業承継対策スキームの最低限の知識をまとめた「生命保険提案につながる事業承継対策のキホン」をリリース]]> https://hokeneigyo-lab.com/media/2018/02/16/563 金庫株の活用や役員退職金の準備、相続税の納税資金準備、遺産分割対策など生命保険が提案できる事業承継対策スキームの最低限の知識を1冊にまとめました。

生命保険提案につながる事業承継対策のキホン

会員制有料サイト「FPSクラブ(https://www.fps-net.com/fps-club/)」や書籍・DVDをとおして、生命保険、損害保険の営業担当者向けに業界の最新情報や営業スキルなど保険セールスのための情報を配信・出版しているセールス手帖社保険FPS研究所は、2018年2月16日に発売される「生命保険提案につながる事業承継対策のキホン」の販売を開始しました。

 

これからの法人開拓は、経営者が悩む事業承継問題からのアプローチが効果的です。

多くの中小企業では経営者の高齢化から事業承継が喫緊の課題となっています。保険営業マンが経営者に事業承継対策や経営者個人の相続対策を進言する際は、税理士や公認会計、弁護士などの専門家と連携すればまさに“鬼に金棒”です。

本書では、そのために必要な金庫株の活用や役員退職金の準備、相続税の納税資金準備、遺産分割対策など生命保険が提案できるスキームや、種類株式や持ち株会社、中小企業投資育成会社など、専門家と連携して事業承継対策にあたるうえで押さえておきたい知識を解説しています。

主な内容(目次)

第1章 これからの法人開拓は事業承継対策がカギとなる

 

第2章 事業承継対策において生命保険が提案できるスキーム

 

第3章 知識として押さえておきたい事業承継対策の主要スキーム

 

第4章 事業承継対策事例

 

生命保険提案につながる事業承継対策のキホン

http://www.fps-net.com/shopping_03008803.html

 

 

【株式会社セールス手帖社保険FPS研究所について】

〒160-0022

東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル

TEL 03-3352-8302

FAX 03-3352-8420

http://www.fps-net.com/company/index.html

]]>
Fri, 16 Feb 2018 08:33:41 +0900
<![CDATA[『終活』を考える「きっかけ」づくりから相続、死後の手続き、葬祭マナーまでを解説した「お客さまにお伝えしたい…営業必携 終活アドバイスブック」をリリース]]> https://hokeneigyo-lab.com/media/2018/02/15/562 エンディングノート、遺言書、成年後見、葬儀、墓などの生前対策や相続の手続きなど、複雑に絡み合う「老い支度・終活・相続」の全体的な話ができる珍しい講師として全国から依頼を受け、営業担当や代理店、団体やOB会、企業のお客さまや市民向けなど、年間120件以上の講演を行っている相続・終活コンサルタントの明石 久美氏が、保険セールスパーソンがお客さまとの何気ない会話の中からニーズをつかんだり提案したりできるよう、日常的に起こりうる出来事などを切り口にした『終活』を考える「きっかけ」づくりから相続、死後の手続き、葬祭マナーまでを解説しています。

お客さまにお伝えしたい…営業必携 終活アドバイスブック

会員制有料サイト「FPSクラブ(https://www.fps-net.com/fps-club/)」や書籍・DVDをとおして、生命保険、損害保険の営業担当者向けに業界の最新情報や営業スキルなど保険セールスのための情報を配信・出版しているセールス手帖社保険FPS研究所は、2018年2月16日に発売される「お客さまにお伝えしたい…営業必携 終活アドバイスブック」の販売を開始しました。

 

メディアや雑誌で『終活』が取り上げられ、巷では多くの終活セミナーが開講されています。お客さまも『終活』を始めなければと考えているかもしれません。『終活』は、単に遺産の分割や相続税の納税などにとどまらず、さまざまな準備や対策が必要となります。保険セールスパーソンが存在感を示すには終活に関する正確な知識が必須で、基本的な知識のみならず正しいアドバイスができるだけの力が必要です。

保険セールスパーソンがお客さまとの何気ない会話の中からニーズをつかんだり提案したりできるよう、日常的に起こりうる出来事などを切り口にした『終活』を考える「きっかけ」づくりから相続、死後の手続き、葬祭マナーまでを解説しています。

 

主な内容(目次)

第1章.考える「きっかけ」づくり

 1.顧客のニーズを取り入れる

 2.事前準備の重要性

 

第2章.生前対策を行ううえでの知識と注意点

 1.成年後見制度

 2.おひとりさまが備えておきたい関連契約

 3.葬儀の内容を決める前に

 4.お墓は先祖代々のお墓?それとも新たに購入する?

 5.相続

 6.遺言

 7.意思表示をどうするのか

 

第3章.死後のこと

 1.死後の手続き

 2.葬祭マナー

 3.法要

 

付録

  • 自分エンディングノート(見本)
  • 親族関係説明図(見本)
  • 手続ガイド

 

 

お客さまにお伝えしたい…営業必携 終活アドバイスブック

http://www.fps-net.com/shopping_02004802.html

 

 

【株式会社セールス手帖社保険FPS研究所について】

〒160-0022

東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル

TEL 03-3352-8302

FAX 03-3352-8420

http://www.fps-net.com/company/index.html

]]>
Thu, 15 Feb 2018 08:46:18 +0900
<![CDATA[負債相続手続きの第一人者が解説する「知っておくべき負債相続と生命保険活用術DVD」をリリース]]> https://hokeneigyo-lab.com/media/2018/02/14/561 負債相続手続きの第一人者である司法書士の椎葉基史氏が、法律の専門家という立場から、見落としがちな相続リスクに関する知識と事例を使ったアドバイスのポイント、生命保険の活用法をわかりやすく解説しています。

知っておくべき負債相続と生命保険活用術DVD

会員制有料サイト「FPSクラブ(https://www.fps-net.com/fps-club/)」や書籍・DVDをとおして、生命保険、損害保険の営業担当者向けに業界の最新情報や営業スキルなど保険セールスのための情報を配信・出版しているセールス手帖社保険FPS研究所は、2018年2月16日に発売される「知っておくべき負債相続と生命保険活用術DVD」の販売を開始しました。

 

近年、顧客の相続対策支援に注力する保険会社や保険代理店が増加しています。しかし、相続税や遺産分割等、プラスの財産に対する対策が主流となっている一方で、相続時にマイナスの財産を負い、トラブルとなるケースが後を絶ちません。また、相続手続きにおいて、連帯保証のリスクや、限定承認の手続きを知らずに相続放棄をしてしまう割合が増加傾向にあるのが現状です。

本DVDは、2,500件以上の負債相続を解決してきた負債相続手続きの第一人者である司法書士の椎葉基史氏の実績と経験をもとに、相続の基礎知識を解説し、負債の生前対策における保険の活用法を紹介しています。実践で役立つ情報が凝縮され、負債相続という新たな観点からの顧客へのアプローチで、他の保険セールスパーソンとの差別化が図れます。

 

主な内容(目次)

第1章 相続の現状と基礎知識

1.相続とは?

 ◆相続対策に関する基本的な知識

2.日本における相続の現状

 ◆事件別の相続件数

 

第2章 負債相続とは

1.日本の負債相続の現状

 ◆負債相続難民

 ◆相続人がおかれている現状とその理由

 ◆借金を相続することの意味

2.連帯保証の落とし穴

 ◆見逃される連帯保証

 ◆事業承継における連帯保証

 ◆経営者保証を外すために

 

第3章 残された遺族を守るために

1.相続発生後の手続き

(1)気をつけること

 ◆熟慮期間について

 ◆法定単純承認について

(2)相続放棄

 ◆意義と効果

 ◆具体的な手続き

(3)限定承認

 ◆意義と効果

 ◆具体的な手続き

2.負債の生前相続対策

 ◆保険の活用法

 

第4章 まとめ

 

知っておくべき負債相続と生命保険活用術DVD

http://www.fps-net.com /shopping_08400801.html



【株式会社セールス手帖社保険FPS研究所について】

〒160-0022

東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル

TEL 03-3352-8302

FAX 03-3352-8420

http://www.fps-net.com/company/index.html

]]>
Wed, 14 Feb 2018 08:48:42 +0900
<![CDATA[働き方改革を実感していない人、8割超]]> https://hokeneigyo-lab.com/media/2018/02/14/560 非正規職員のほうが働き方改革を実感していない  政府が最重要課題の1つと位置づける「働き方改革」。世間のビジネスパーソンは果たしてどれだけ実感しているのだろうか。一般社団法人日本能率協会は5年前から働く人々にとって旬な話題をテーマにした意識調査を繰り返しており、昨年12月に発表した調査結果では「働き方改革」を取り上げているので紹介しよう(全国のビジネスパーソン1,000人を対象としたインターネット調査)。
 働き方改革を実感しているかどうか尋ねたところ、「あまり実感していない」(41.5%)と「まったく実感していない」(39.2%)を合わせると実感していない人はじつに8割を超えていた。属性による傾向は、性別でみると男性より女性(男女間で7ポイント差)、年代別でみると40代(全体より3.4ポイント差)、雇用形態別でみると非正規職員(正規と非正規間で8.5ポイント差)のほうが実感していないことがわかった。
 働き方改革を実感していない理由を挙げてもらったところ、「有給休暇が取りにくいから」(28.2%)をトップに、次いで「正社員と非正規社員の給料の格差がなくならないから」(26.6%)、「残業が減らないから」(24.1%)、「生産性が向上しないから」(21.7%)と続く。
 とくに女性に顕著だった理由が「正社員と非正規社員の給料の格差がなくならないから」(37.7%)で、男性よりなんと20.8ポイントも高かった。職場における男女間格差を感じている女性が多いということなのだろう。これらの傾向をよく理解したうえで、自社において改善できる点はすみやかに対応したほうが生産性アップや離職予防に有効に働くと思われる。

今後職場に望むことのトップは「有休取得の奨励」

 「働き方改革」に向け、(回答者の)職場で今後どのようなことに重点を置いてほしいか尋ねたところ、男女とも「有給休暇取得の奨励」がトップに(全体33.0%、男性34.2%、女性31.5%)。2位以下は、男性は「長時間労働の是正」(33.9%)、「管理者の意識改革」(22.9%)を希望しているのに対し、女性は「非正規社員から正社員への登用」(26.3%)、「週休3日制の導入」(20.2%)を希望しているというように、何に重点を置いているのか男女間の傾向の違いも興味深い。
 一方、「働き方改革」を実感している人に理由を挙げてもらったところ、「残業が減った」(38.0%)をトップに、次いで「有給休暇が取りやすくなった」(31.9%)、「女性活用が進んだ」(24.1%)、「育児と仕事の両立支援が強化された」「生産性が向上した」(共に16.9%)が続く。これらの回答は企業側が残業削減、有休取得促進などについて努力した結果の表れでもあるので、自社の「働き方改革」の施策を考えるうえで参考にしてほしい。

参照:一般社団法人日本能率協会「第8回 ビジネスパーソン1000人調査【働き方改革編】」


(庄司 英尚 株式会社アイウェーブ代表取締役、庄司社会保険労務士事務所 所長)
2018.2.5
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/]]>
Wed, 14 Feb 2018 08:28:45 +0900
<![CDATA[平成30年4月に向けて無期転換ルールに関する取組を強化します]]> http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000193500.html

平成30年4月に向けて無期転換ルールに関する取組を強化します

~ 全国統一番号の相談ダイヤルの設置など、直前期での更なる取組を実施 ~

]]>
Tue, 13 Feb 2018 08:19:32 +0900
<![CDATA[平成30年2月4日からの大雪に係る災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います]]> http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2018/180208saigai.htm

経済産業省は、平成30年2月4日からの大雪による災害に関して、福井県福井市、あわら市および坂井市に災害救助法が適用されたことを踏まえ、被災中小企業・小規模事業者対策を行います。

]]>
Fri, 09 Feb 2018 09:10:21 +0900