保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 損保初!12時間から加入できる自動車保険がスタート

損保初!12時間から加入できる自動車保険がスタート

損保初!12時間から加入できる自動車保険がスタート
 2019年1月より、12時間単位で入れる自動車保険の提供が始まります。一時的に車を運転するときの、補償ニーズをカバーするものです。どんな自動車保険なのか、確認しておきましょう。

車を借りて乗る人のための自動車保険

 年末年始は、帰省などで普段は車を所有していない人でも、実家の車や友人・知人の車を借りて運転する機会があるかもしれません。そういった、車を借りる人専用の自動車保険が、損害保険ジャパン日本興亜より提供される『乗るピタ!』です。
 これまでにも、東京海上日動の『ちょいのり保険』や、三井住友海上の『1DAY保険』など、24時間単位で入れる自動車保険はありましたが、12時間単位で加入できる自動車保険は、損害保険会社としては初めてとなります。
 価値観の多様化で、車を保有しない若年層が増えたことや、シェアリングの流れの中で生まれた保険といえるでしょう。この保険の利用シーンとしては、実家の車を借りて出かけたり、友人とドライブしているとき、一時的に運転を代わるなどが想定されています。

12時間は、実情にあった保険期間?

 補償プランは、「ライトプラン」「基本プラン」「安心プラン」の3種類で、それぞれ12時間または24時間の補償を選べます。補償内容を見ると、対人・対物賠償、搭乗者傷害(安心プランは人身傷害)の補償はもちろん、「借用自動車のロードアシスタンス特約」がすべてのプランに標準付帯。さらに、借りた車で起きた事故の補償に絞り込んだ特約も、プランにより付帯されます。
 「借用自動車の車両復旧費用特約」は、借りた車で事故を起こしたときの修理費用や代替車両の購入費用を補償するもの(300万円限度、プランにより自己負担額あり)。「借用自動車の事故時代車費用特約」は、事故で借りた車を修理する間のレンタカー費用を補償するもので、1日あたり5千円が支払われます(30日限度)。
 保険料は、ベーシックなライトプランが12時間で400円(24時間500円)、フル補償の安心プランは1,600円(同2,000円)です。申込みはパソコンやスマートフォンからで、保険料はクレジットカード払になります。
 こうしてみると、ライトプランでは24時間で加入しても500円と、100円差ですから、時間を気にして、補償面でゆとりのない状況になることを避けるなら、最初から24時間で申し込んだ方がよいかもしれません。
 とはいえ、実際に車を借りるとき、運転するときの状況を考えると、補償が12時間単位で手に入ることは合理的な選択に結びつくもの。前回の記事(NO.3668)で紹介した「LINEほけん」とともに、まさに、モノを所有しない時代を象徴する、オンデマンド保険といえるでしょう。

参考:損保ジャパン日本興亜ニュースリリース

(高橋浩史 FPライフレックス代表)

2018.12.20

(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

保険・FP情報や税務、社会保障制度などについての情報を掲載している
↓↓FPS-net「今週のトピックス」はコチラ↓↓

https://www.fps-net.com/fps-club/topics/

関連記事

株式会社かんぽ生命保険における新規業務の認可について公表しました。

株式会社かんぽ生命保険における新規業務の認可について公表しました。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則の一部を改正する命令」を公表しました。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則の一部を改正する命令」を公表しました。

スマホで100円から入れる『LINEほけん』がスタート!

スマホで100円から入れる『LINEほけん』がスタート!

外貨建保険・外貨建年金保険に関する苦情事例~裁定審査会の取扱い事案~

外貨建保険・外貨建年金保険に関する苦情事例~裁定審査会の取扱い事案~

ランキング

FPSクラブ

おすすめ