保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 2019年から始まる「スマート申告」

2019年から始まる「スマート申告」

2019年から始まる「スマート申告」

あなたもスマホで確定申告デビュー

 平成31(2019)年1月から、確定申告の手続きがスマートフォン等に対応するようになるのをご存知だろうか。国税庁の「確定申告書等作成コーナー」が変わり、スマートフォン専用の画面が利用できるようになる。トップページなどについても、シンプルでわかりやすいデザインに変更されるようだ。
 確定申告をe-Tax(電子申告)で行うことはこれまでも可能だったが、その送信方式については、「マイナンバーカード方式」のみだった。この方式の場合、電子申告するのに原則、マイナンバーカードとICカードリーダライタ、パソコンが必要となる。
 そこで、平成31(2019)年からは、新たに「ID・パスワード方式」が導入されることになった。「ID・パスワード方式」とは、e-Tax 用のID・パスワードを利用してe-Taxを行う方法で、マイナンバーカードとICカードリーダライタが不要になるため、スマートフォンやタブレットで確定申告ができるようになる。

IDとパスワードを発行してもらうには

 IDとパスワードは、税務署で職員と対面による本人確認を行った後に発行されるので、発行を希望する場合は、運転免許証などの本人確認書類を持参して、税務署まで行く必要がある。
 ただし、平成30(2018)年1月以降、確定申告会場等で「ID・パスワード方式の届出完了通知」を受け取っている場合は、既にID・パスワードが発行されているので、お手元の申告書等の控えを確認して頂きたい。
 なお、平成31(2019)年1月からは、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使って、自宅等から利用開始届出書を送信することで、利用できるようになる。

QRコードを使ったコンビニ納付も開始

 また、納税についても、平成31(2019)年1月4日以降、確定申告書等作成コーナー及び国税庁ホームページのコンビニ納付用QRコード作成専用画面からコンビニエンスストアで納付するためのQRコードの作成(印刷)が可能となる。利用可能なコンビニエンスストアは、ローソン、ナチュラルローソン、ミニストップ(いずれも「Loppi」端末設置店舗のみ)、ファミリーマート(「Famiポート」端末設置店舗のみ)となっている。なお、納付できる金額は従来のコンビニ納付と同様に30万円以下としている。


(村田 直 マネーコンシェルジュ税理士法人)
2018.11.29
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

保険・FP情報や税務、社会保障制度などについての情報を掲載している
↓↓FPS-net「今週のトピックス」はコチラ↓↓
https://www.fps-net.com/fps-club/topics/

関連記事

他の相続人がもらった贈与額を知る方法

他の相続人がもらった贈与額を知る方法

関税等脱税、金地金の処分件数・脱税額が過去最高に

関税等脱税、金地金の処分件数・脱税額が過去最高に

仮想通貨取引の課税逃れ策検討に本腰を入れる財務省

仮想通貨取引の課税逃れ策検討に本腰を入れる財務省

期限迫る!結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置

期限迫る!結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置

ランキング

FPSクラブ

おすすめ