保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 知っておきたいグローバル社会のマナー術

知っておきたいグローバル社会のマナー術

知っておきたいグローバル社会のマナー術
 会社の公用語を日本語から英語にする会社のニュースを聞いたときにはビックリした人も多いのではないでしょうか? 普段、日本語を使っている会社であっても英語を必要とする部署もあり、今や日本人のビジネスシーンにおいては、英語や外国語の使用、外国人との仕事は珍しくありません。
 まさに名実共にグローバル化が進んでいる今だからこそ、グローバルなビジネスシーンに対応できるマナーを知っておくことが必要になりました。

挨拶の基本は握手

 日本人同士で挨拶する場合は、おじぎをするのが基本の動作なのですが、外国では日本のようなおじぎの習慣がないところがほとんど。一般的ではありません。
 外国人と挨拶をする際に日本式のおじぎをすると、「どうしたの?」「落ち着きがない人だな」と思われるようです。
 外国人と挨拶をする場合の基本は握手です。握手をする際には相手の手をしっかりと握り、アイコンタクトをすることも忘れずに。
 また、名刺交換でびっくりすることも…。海外のビジネスシーンでも名刺交換は普通に行われますが、名刺交換はお互いのことを知る第一歩。きっかけにすぎません。外国人は会話しながら、会議中等に名刺にメモを取ることもしばしばありまのですので、馬鹿にされているように感じることがあるかもしれません。でもこの行為に悪意はありません。外国にはそのような習慣もあるのだと、理解しておくと良いでしょう。

腕組みは不快に感じられます

 会議等で、相手の話を聞いているときや考えているときに腕を組むという人はいませんか? 実はこの腕を組むという行為は、アメリカ等では敵意を持っている、気に入らないと思っていると受け取られることがあります。
 その他、親指を立てると屈辱と思われる国もあるようですし、手招きは「こっちに来るな、あっちへ行け」というように日本とはまったく反対の意味を持つ国もあります。
 国内で日本人同士なら当たり前のことであっても、外国人からすると「何でそんな態度をするのだ!?」となることもありますので、国の内外を問わず外国人が同席する場合には、日本人にとっては当たり前なボディーランゲージは控えるほうが賢明と言えるでしょう。

相手国の文化や風習を学ぶ

 特定の国や地域とビジネスをする場合には、「相手国の文化や風習にはどのようなものがあるのか?」「失礼にあたることは何なのか?」を事前に知っておくと良いでしょう。
 もちろん、相手側も日本の文化や風習を理解しているとは思いますが、相手への理解を深めるためにも大切なことです。
 例えば外国人を招いた接待の席などを、悩ましく感じている人も多いのではないでしょうか?
 実は国家間ではプロトコール(もしくはプロトコル)といって、各国を平等に扱うためのルールがあります。これにはパーティの席順や食器類の並べ方等も決まっています。海外の方をおもてなしする必要がある場合は、参考にしてみても良いですね。

参照:外務省「国際儀礼(プロトコール) ~伝統的な国家間のマナー」


(飯田 道子 海外生活ジャーナリスト/ファイナンシャル・プランナー(CFP))
2018.11.26
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

保険・FP情報や税務、社会保障制度などについての情報を掲載している
↓↓FPS-net「今週のトピックス」はコチラ↓↓
https://www.fps-net.com/fps-club/topics/

関連記事

増加するサイバー攻撃に注意!「ランサムウェア」への対策は?

増加するサイバー攻撃に注意!「ランサムウェア」への対策は?

トラブルを未然に防ぐ労働時間管理のポイント

トラブルを未然に防ぐ労働時間管理のポイント

男性の育児参加促進への取組み

男性の育児参加促進への取組み

教育ローンの予約をお早めに

教育ローンの予約をお早めに

ランキング

FPSクラブ

おすすめ