保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 資金繰り問題を「早期経営改善計画」で改善!

資金繰り問題を「早期経営改善計画」で改善!

資金繰り問題を「早期経営改善計画」で改善!
 現在資金繰りに困っている、あるいは金融機関との融資の交渉について悩まれている中小企業者も多いと思われる。そこで、以前にNo.3397(早期経営改善計画策定支援、2017年5月29日より申請受付開始)にて紹介した「早期経営改善計画」について、そのメリットやどんな事業者に向いているのかなどをお伝えする。なお、「早期経営改善計画」の制度の説明については前回の内容を確認して頂きたい。

「早期経営改善計画」のメリット

 この計画のメリットとして、以下の5つが挙げられる。
 
1.自己の経営の見直しによる経営課題の発見や分析
2.資金繰りの把握が容易
3.事業の将来像について金融機関に知っていただく
4.金融機関からの評価をアップ
5.計画策定支援にかかる専門家費用の3分の2(上限20万円まで)の補助を受けられる


どんな事業者に向いているのか

 対象となる事業者については、以下に該当する方が適していると考えられる。
 
1.資金繰りが不安定な状態が続いている方
2.財務面に不安のある方
3.これから借入を行う予定のある方
4.今後プロパー融資(保証協会無し)に切り替えたい方
5.経営を改善したい方(無借金の会社も利用可能)


「早期経営改善計画」の作成資料内容

 この計画で作成するサンプル資料として、以下の4つが挙げられる。
 
1.ビジネスモデル俯瞰図(自社の事業内容を図式化したもの)
2.損益及び資金実績表(直近3期分の期間における借入・現預金の残高の推移表)
3.損益及び資金計画表(直近期から約3年間の損益と借入残高・簡易CFの計画表)
4.アクションプラン(経営課題の見える化と具体的な改善行動を立案)


 「早期経営改善計画」の利用を検討される場合は、顧問税理士などの認定支援機関や専門家にまずは相談してみることをお勧めする。その際、一緒に取り組む金融機関(基本的にメインバンク)や事業計画の策定目的を事前に考えることが重要だ。

参考:中小企業庁「資金繰り管理や採算管理等の早期の経営改善を支援します」


(菊本 翔太 マネーコンシェルジュ税理士法人)
2018.11.22
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

保険・FP情報や税務、社会保障制度などについての情報を掲載している
↓↓FPS-net「今週のトピックス」はコチラ↓↓
https://www.fps-net.com/fps-club/topics/

関連記事

中小企業・小規模事業者の皆様の「経営者保証に関するガイドライン」の活用促進と年末に向けた資金繰りを支援しています

中小企業・小規模事業者の皆様の「経営者保証に関するガイドライン」の活用促進と年末に向けた資金繰りを支援しています

家計の金融行動に関する世論調査(統計表公表)

家計の金融行動に関する世論調査(統計表公表)

つみたてNISA、NISA口座数増加に大きく寄与

つみたてNISA、NISA口座数増加に大きく寄与

中小企業のための知っておきたい補助金・融資制度

中小企業のための知っておきたい補助金・融資制度

ランキング

FPSクラブ

おすすめ