保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 外貨建保険・外貨建年金保険に関する苦情事例~裁定審査会の取扱い事案~

外貨建保険・外貨建年金保険に関する苦情事例~裁定審査会の取扱い事案~

外貨建保険・外貨建年金保険に関する苦情事例~裁定審査会の取扱い事案~

 昨今、国内の低金利などの影響を受け、外貨建保険・外貨建年金保険の販売が増加している。それに伴い、苦情の事例も増えてきており、平成29年に国民生活センターが発表した「保険商品の銀行窓口販売の全面解禁から10年を迎えて」の中でも、新たに外貨建保険のトラブルが発生していることが報告されている。
 ここでは、生命保険協会の「裁定審査会」が取り扱った事例(平成29年度申立分)の中から外貨建保険・外貨建年金保険に関するものをいくつかピックアップしてみたい。

 

「銀行より安全で、積立より利息が良い商品」はないかと相談したところ、外貨建個人年金保険を勧められたが、その際の説明が不十分だったこと等を理由に、契約取消しを求めた事例[29-19]
 契約者は、「①一定以上の円高にならない限り損をしないと説明された」「②契約締結前交付書面等を交付されておらず、クーリング・オフについて説明されていない」等の主張をしている。
 裁定審査会では、①について「誤った説明であるか、少なくとも誤解を与えかねない説明である」とし、②について「クーリング・オフをするための前提が十分に備わっていたか疑問が残る」として、和解を勧告した。

 

 

米ドル建ての年金保険に加入したが、契約内容について誤信していたこと等を理由に、契約の取消しを求めた事例[29-49]
 契約者は「①募集人とその上司が、事前の約束もなく訪問し、マンションのラウンジで募集人のペースに乗せられたまま契約した」「②年金の支払い回数、年金支払い期間について誤信したまま契約した」と主張している。
 裁定審査会は、契約者が契約内容を誤信していたとしても、契約者に重大な過失があるとしたが、契約者が高齢者(契約当時80代)であったため、高齢者に対する保険募集ルールが徹底されていなかった点、年金受取期間満了時に契約者が110歳を超えることとなるような商品を販売したことに合理的な理由がない点などから、和解を勧告した。

 

 

一時払の外貨建年金保険の契約取消しを求めた事例[29-203]
 契約者は「募集人から虚偽の説明を受けた」と主張し、契約の取消しを求めている。年金の合計額が年金原資の110%を保証する内容だが、約款上豪ドル建てで110%のところ、日本円で110%が保証されると説明されたという主張である。
 裁定審査会は、募集人の虚偽説明は認められないとして、契約者の主張を退け、裁定を終了している。

 

 

 募集人の側に落ち度があり、契約者に誤解を与えるようなケースは問題だが、募集人側が十分説明したと考えている場合でも、結果としてトラブルになり裁定審査会まで持ち込まれることもある。定められた募集ルールに従って活動することはもちろん、お客さまの「理解」「納得」に少しでも疑問が残る場合、適切な方法でよりわかりやすく説明するなどの対応が、これまで以上に必要となってくるだろう。

(注)
事例の後の[ ]内の数字は裁定審査会の事案番号を示している。当記事に挙げた事例は、外貨建保険・外貨建年金保険に関する苦情のすべてを網羅しているわけではない。


2018.11.1
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

保険・FP情報や税務、社会保障制度などについての情報を掲載している
↓↓FPS-net「今週のトピックス」はコチラ↓↓
https://www.fps-net.com/fps-club/topics/

関連記事

2019年1月から地震保険料再値上げ(全国平均)!

2019年1月から地震保険料再値上げ(全国平均)!

医師の偏在を新たな認定制度で解消!?~2020年度施行のインセンティブ改革~

医師の偏在を新たな認定制度で解消!?~2020年度施行のインセンティブ改革~

時代の要請か!?認知症の人とその家族が備える保険

時代の要請か!?認知症の人とその家族が備える保険

桁違いの紹介を得ている人が続出中の紹介営業法を学べる「生命保険営業における紹介連鎖の起こし方」を10月9日発刊、9月20日まで特別価格で先行予約注文受付中!

桁違いの紹介を得ている人が続出中の紹介営業法を学べる「生命保険営業における紹介連鎖の起こし方」を10月9日発刊、9月20日まで特別価格で先行予約注文受付中!

ランキング

FPSクラブ

おすすめ