保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 2019年1月から地震保険料再値上げ(全国平均)!

2019年1月から地震保険料再値上げ(全国平均)!

2019年1月から地震保険料再値上げ(全国平均)!

地震保険の改定と対策

 2019年1月に地震保険の改定があります(改定の概要は2017年9月4日付の今週のトピックスNo.3441に掲載)。この改定は、3段階の改定の2回目(1回目は2017年1月に全国平均で5.1%の料率引き上げ)にあたり、多くの都道府県で地震保険料が値上げされます(3回目の改定の時期や内容は未定)。今回の改定では、全国平均で約3.8%値上げされるほか、長期契約の一括保険料を計算する際の係数(長期契約の割引の係数)の見直しも行われます。ちなみに、最も値上げ率が高いのは、福島県のイ構造(鉄骨・コンクリート造等)で14.9%です。一方、値下げされる地域もあります。値下げ率が最も大きいのは、愛知県、三重県、和歌山県のイ構造で15.8%です。
 そこで今回は、地震保険料の改定時期を前にどんな対策が取れるかを検討してみます。これから地震保険に加入を予定している人はもちろん、既に加入していて2019年1月以降に更新予定がある人にも参考になれば幸いです。
 
① 値上がりする地域の場合
 2018年12月までに地震保険の契約をする予定の場合は、契約する際に長期契約にすることで、改定前の保険料や長期契約の割引の係数の適用を契約時から最高で5年間維持できます。
 
② 値下がりする地域の場合
 2018年12月までに地震保険の契約をする場合は、まずは1年契約にして、1年後に値下がりした保険料で契約を更改(更新)します。なお、この1年契約の更改時に1年契約にするか長期契約にするかは判断が分かれます。
 3回目の改定でも値下がりするのであれば、それを見越して1年契約を続ける方法が考えられます。据え置きか値上がりするのであれば、長期契約にした方がよいのです。しかし、現時点では情報がないため何ともいえません。ちなみに、北海道は今回の改定(2回目)では値下げになりますが、3回目の改定の際に「平成30年北海道胆振東部地震」の影響がどの程度反映されるのかは、現時点ではわかりません。


地震保険は必要か?

 上記のとおり、地震保険は全国平均では保険料が値上げ傾向ですが、そもそも地震保険は必要なのか疑問に思う方もいるかもしれません。
 この疑問に対しては、やはり入っておいた方がよいとお答えしたいと思います。なぜなら、地震で住宅が被害を受けたときには、通常の火災保険だけでは補償されないからです。また、地震で大きな被害を受けて避難所生活などを送ることになった場合、通常の生活に戻るためにはまとまった資金が必要ですが、そのような資金を捻出する手段として地震保険は有効です。
 また、生命保険の募集人の方は、地震保険の話から生命保険の話につなげることも可能です。

 
【参考情報】
地震保険を活用した生保アプローチトークに役立つ書籍をご紹介します。
 

    
違いを生み出すファーストアプローチ
定価 1,188円(税込)
A4判/72ページ
第2章
第7話「地震が起こると言われているけど、地震保険に入った方がよいの?」
http://www.fps-net.com/shopping_03304509.html

 

 

   
違いを生み出す生損保リスクチェック
定価 1,188円(税込)
A4判/80ページ
第3章 個人編1
「分譲マンションは頑丈だから地震保険はいらない?」
http://www.fps-net.com/shopping_03304710.html

 





2018.10.4
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

保険・FP情報や税務、社会保障制度などについての情報を掲載している
↓↓FPS-net「今週のトピックス」はコチラ↓↓
https://www.fps-net.com/fps-club/topics/

関連記事

医師の偏在を新たな認定制度で解消!?~2020年度施行のインセンティブ改革~

医師の偏在を新たな認定制度で解消!?~2020年度施行のインセンティブ改革~

時代の要請か!?認知症の人とその家族が備える保険

時代の要請か!?認知症の人とその家族が備える保険

桁違いの紹介を得ている人が続出中の紹介営業法を学べる「生命保険営業における紹介連鎖の起こし方」を10月9日発刊、9月20日まで特別価格で先行予約注文受付中!

桁違いの紹介を得ている人が続出中の紹介営業法を学べる「生命保険営業における紹介連鎖の起こし方」を10月9日発刊、9月20日まで特別価格で先行予約注文受付中!

すべての生命保険会社が平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震による免責条項等に該当しないことを確認

すべての生命保険会社が平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震による免責条項等に該当しないことを確認

ランキング

FPSクラブ

おすすめ