保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 時代の要請か!?認知症の人とその家族が備える保険

時代の要請か!?認知症の人とその家族が備える保険

時代の要請か!?認知症の人とその家族が備える保険
 認知症高齢者の増加や、それに伴う行方不明者の増加が社会問題となっています。そういった背景から、認知症の人が起こした事故の賠償責任や、その家族のための保険が登場を控えています。

認知症患者は今後も増加予想!

 認知症高齢者は増え続けています。内閣府「平成29年版高齢社会白書」によると、65 歳以上の認知症高齢者の数は、2012年は462万人で、65歳以上高齢者の約7人に1人でしたが年々増加し、2025年には約5人に1人になるとの推計もあります。
 認知症高齢者のトラブルとして身近なところでは、健康食品の送りつけ商法や、必要のない住宅リフォーム契約などがあります。こういった消費者トラブルは、2013年度には1万件を突破しています(国民生活センター資料より)。消費者トラブルであれば、成年後見制度を利用することで、契約の取り消しなどで解決できることもあるでしょう。
 一方で、徘徊などによる事故のリスクもあります。徒歩や車で鉄道の線路内に立ち入って事故に遭い、列車を止めるなどで損害賠償を求められ、裁判になるなどの事例は耳にしたことがあると思います。認知症が進めば介護サービスや家族での見守りなども考えられますが、24時間見守り続けることは難しいのが現状です。
 警察庁「平成29年における行方不明者の状況について」によると、認知症の行方不明者も増加しています。2013年は1万人弱でしたが、2017年には約1万6千人と、4年で1.5倍に増えました。

認知症に特化した保険とは?

 このような背景から、東京海上日動火災保険では、10月から「認知症あんしんプラン」という保険の発売を予定しています。文字通り、認知症の人とその家族が、認知症に関連するリスクに備える保険です。概要は以下のとおりです。

 

【保険の対象】

40 歳以上の認知症の人(※)とその家族

医師から「認知症」の診断を受けた人、または認知機能・記憶機能の持続的な低下で「道に迷い、家に帰ってこられなくなることがある」等の状態のある人。

 

 

【補償内容】

1.行方不明時の捜索費用補償

行方不明から24時間経過しても見つからず、親族が捜索費用を負担した場合、1事故30万円、保険期間を通じて 100 万円を限度に保険金の支払い

2.個人賠償責任補償

認知症の人とその家族が、他人の物を壊したり、線路への立ち入りで電車等を運行不能にし、法律上の損害賠償責任を負う場合、1事故につき1億円を限度に保険金の支払い

3.被害者死亡時の見舞費用補償

認知症の人が、日常生活において偶然な事故で他人にけがさせ、そのけがが原因で相手が死亡した場合、賠償責任の有無を問わず15万円の見舞費用保険金の支払い

4.交通事故等によるけがの補償

認知症の人が交通事故等で死亡した場合50万円、後遺障害の場合は程度に応じて2~50 万円の保険金の支払い

5.捜索支援サービス(一般社団法人セーフティネットリンケージとの連携)

認知症の人のすみやかな発見・保護を支援する「緊急連絡ステッカー」と「捜索協力支援アプリ」の提供

 

【保険料】
1,300円/月払い(契約条件によって異なる)

 

 補償内容を見ていくと、傷害保険や個人賠償責任保険に、行方不明になった時の費用補償と、保護サービスを追加した保険と見ることもできそうです。
 増え続ける認知症高齢者への対応策として、自治体の中には徘徊に備えて探知機の貸出しや、徘徊したときに、特徴を書いた保護依頼書を警察署から協力団体に送り、団体と協力して早期保護を目指すシステムを整えているところもあります。保険や成年後見制度の利用も視野に入れながら、家族や地域全体のサポートが求められる時代といえるでしょう。

 



(高橋浩史 FPライフレックス代表)

2018.9.10

(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

保険・FP情報や税務、社会保障制度などについての情報を掲載している
↓↓FPS-net「今週のトピックス」はコチラ↓↓

https://www.fps-net.com/fps-club/topics/

関連記事

損保初!12時間から加入できる自動車保険がスタート

損保初!12時間から加入できる自動車保険がスタート

株式会社かんぽ生命保険における新規業務の認可について公表しました。

株式会社かんぽ生命保険における新規業務の認可について公表しました。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則の一部を改正する命令」を公表しました。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則の一部を改正する命令」を公表しました。

スマホで100円から入れる『LINEほけん』がスタート!

スマホで100円から入れる『LINEほけん』がスタート!

ランキング

FPSクラブ

おすすめ