保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 災害に備えて用意しておきたいもの

災害に備えて用意しておきたいもの

災害に備えて用意しておきたいもの
 地震や洪水などの天災は、まさに忘れたころにやってきます。イザというときに慌てないためにも、自分と家族の身は守れるよう家庭ごとに準備しておくことが大切です。

防災バッグを準備しよう

 市販の防災バッグを購入しても良いのですが、必要なモノや数は家族構成によって違ってきます。何がどれくらい必要なのかを考えて、オリジナルの防災バッグ(非常時持ち出し袋)を準備するようにしましょう。
 イザ災害が起こってしまうと、防災バッグを準備していても思うように持ち出せなかったという話も耳にします。玄関先など取り出しやすいところに収納するのはもちろんですが、ゆとりがあるなら防災バッグを複数用意し、分散して置いておくなどの工夫も必要です。
 基本的には非常食と水、現金、持薬(常用している薬のこと)、健康ケアグッズ、安全を確保するための品物などが必要なのですが、個人的にお勧めなのが水中ライトです。もちろん懐中電灯でも良いのですが、雨が降っている場合は使いにくく、大雨のときなどはまったく役に立たないということにもなりかねません。通常の懐中電灯に比べると割高になりますが、水陸両用ですのでさまざまな状況で役立ちます。少なくとも1本は入手しておくと良いですね。

ウォーターサーバーは電気不要で使用可

 ウォーターサーバーを利用している人は多いと思いますが、ウォーターサーバーは電気が通っていなくても給水なら利用可能です。自宅で避難生活できるのであれば、ウォーターサーバーは大活躍します。多めに水をストックしておけば、万一のときに安心ですね。もちろん電気が利用できれば、すぐに温かいお湯も使えるようになります。防災グッズとしてのウォーターサーバーの購入を検討してみても良いかもしれません。
 ただし、ウォーターサーバーは床置きタイプも、卓上タイプも、いずれも揺れには弱いので、災害時の利用を想定しているなら転倒防止策をしておくことが大切です。

イザというときに備えておきたいこと

 大きな災害時には、各携帯電話会社では災害掲示板を利用できるようになりますが、必ずしも誰もが携帯電話を持っている訳ではありませんし、災害の影響(例えば水没や停電によるバッテリー切れなど)で使えなくなってしまうことも考えられます。
 文明の利器を利用しつつ、イザというときにはどこへ避難するのか、誰に連絡をすれば安否が分かるのか等、あらかじめ家族でルールを決めておくようにしましょう。
 現在、投薬を受けているような人であれば「おくすり手帳」はすぐに持ち出せるようにしておくことも大切です。また、投薬を受けた時の処方箋を防災グッズに入れておけば薬がなくなっても何が必要なのかが分かりますので、速やかに薬の手配をすることが可能になります。

 最も大切なのは、私たちの命です。防災に関する情報に耳を傾け、速やかに避難できるような態勢を整えておくようにしましょう。


(飯田 道子 海外生活ジャーナリスト/ファイナンシャル・プランナー(CFP))
2018.7.30
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

関連記事

ATMだけではない!「現金を引き出せる場所」は増加傾向に

ATMだけではない!「現金を引き出せる場所」は増加傾向に

職場のトラブル、「いじめ・嫌がらせ」が6年連続トップ

職場のトラブル、「いじめ・嫌がらせ」が6年連続トップ

高齢者の食料品アクセス困難が深刻に

高齢者の食料品アクセス困難が深刻に

4割の企業が研修にかける費用を増加

4割の企業が研修にかける費用を増加

ランキング

FPSクラブ

おすすめ