保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 残業は「集中」「感染」「麻痺」「遺伝」する!?

残業は「集中」「感染」「麻痺」「遺伝」する!?

残業は「集中」「感染」「麻痺」「遺伝」する!?

残業が発生する職場の特徴を理解する

 総合人材サービス、パーソルグループの総合研究機関である株式会社パーソル総合研究所は、東京大学の中原淳准教授との共同研究「希望の残業学プロジェクト」の研究結果を発表した。この研究は会社員6,000人を対象にした定量調査で、これにより日本企業で常態化している「残業」の実態や発生要因、効果的な対策が検証された。
 調査結果によると、残業は“集中”して、“感染”して、“麻痺”させて、“遺伝”すると指摘している。残業が発生する職場の特徴を理解することは会社にとっても重要であり、このような調査結果から学び、残業時間削減に取り組みたいところである。

残業の集中と感染の実態

 上司を対象にした調査では、60.4%超の人が「優秀な部下に優先して仕事を割り振っている」と答え、スキルの高いメンバーに残業が“集中”していることが明らかになった。
 また、残業削減対策を実施している企業で働く上司で見ると30.4%の人が「部下に残業を頼みにくくなった」と回答している。その一方で、同対策を実施していない企業の上司で見ると、「部下に残業を頼みにくくなった」と回答しているのは17.6%に留まったことから、残業削減対策を実施している企業ほど、上司に業務が“集中”していることが推察される。
 優秀な人に仕事を任せるほうが効率的であり、生産性も高くなるので、そうすることはやむを得ないところではあるが、残業が一定時間を超えるようになると健康面でも問題になるので、そうならぬよう会社は対策を打たなければならない。
 残業が発生しやすい組織の特性を調査したところ、「先に帰りにくい雰囲気」が最も影響していることが判明した。職場内に同調圧力が働くことにより、帰りにくい雰囲気が蔓延することから、残業は“感染”すると指摘している。

残業時間が長い人は高い健康リスクにさらされている

 残業時間と幸福度の関係について調査したところ、残業時間の拡大に反比例して幸福度は低下していくが、摩訶不思議なことに1カ月の残業時間が60時間以上になると、一転して幸福度が上昇するという結果が出た。しかしその一方で、60時間以上残業している人のうち、強いストレスを感じている人の割合は残業しない人の1.6倍、同じく重篤な病気・疾患がある人の割合は1.9倍と、高い健康リスクにさらされていることも判明している。
 過度な長時間労働を続けていると周りが見えなくなり、主観的には幸福感が上昇するのかもしれないが、そのために健康被害を軽視しがちになるということだ。残業が常態化していることに“麻痺”しているわけで、正常な判断ができなくなっている恐れがあることから大変危険な状態である。
 また、上司が「若いころ、残業をたくさんしていた」場合、その部下も残業時間が長くなる傾向にあることが明らかになっており、「残業は“遺伝”する」と表現している。
 このように残業が多い職場は、残業の原因が単純なものではないので「集中・感染・麻痺・遺伝」しないようにするためにはどうすればいいか、原因を1つ1つ丁寧にひも解いて、改善していく必要がある。そのためには経営陣が主体となって全社的な残業削減プロジェクトを実行することが望ましいのではないだろうか。

参照:パーソル総合研究所×東京大学 中原淳准教授「希望の残業学プロジェクト」会社員6,000人を対象とした残業実態調査の結果を発表


(庄司 英尚 株式会社アイウェーブ代表取締役、庄司社会保険労務士事務所 所長)
2018.3.26
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

関連記事

平成30年「高年齢者の雇用状況」集計結果

平成30年「高年齢者の雇用状況」集計結果

労働力人口総数に占める女性割合、過去最高の43.7%

労働力人口総数に占める女性割合、過去最高の43.7%

高齢男性の「妻」への家事依存が健康課題!? ~2017年国民健康・栄養調査の結果より~

高齢男性の「妻」への家事依存が健康課題!? ~2017年国民健康・栄養調査の結果より~

火災死亡の約7割が高齢者。電気器具からの出火にも注意!

火災死亡の約7割が高齢者。電気器具からの出火にも注意!

ランキング

FPSクラブ

おすすめ