保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 働く女性を応援!両立支援等助成金 女性活躍加速化コース

働く女性を応援!両立支援等助成金 女性活躍加速化コース

働く女性を応援!両立支援等助成金 女性活躍加速化コース

両立支援等助成金 女性活躍加速化コースの概要

 女性活躍推進法は、女性が職業生活において、その希望に応じ、十分に能力を発揮、活躍できる環境を整備することを目的として、平成28年4月1日より10年間の時限立法として施行されました。これに基づき、自社の女性の活躍に関する数値目標、数値目標の達成に向けた取組内容・目標(女性の積極採用、配置・育成・教育訓練・管理職への登用等)を盛り込んだ行動計画を策定・実施して、これらを達成した事業主に対して支給されます。
 女性の活躍は、今後の社会にとって大きな課題です。この助成金は、女性の活躍推進に取り組む事業主を応援するものとして、注目されています。

 

1.支給申請までのながれ

Step①
 
自社の女性労働者の活躍状況の把握を行い、その活躍に向けた課題を分析

 

Step②
-1
課題解決に相応しい数値目標と取組目標を盛り込んだ行動計画の策定・社内周知・公表

 

 
-2
自社の女性の活躍に関する情報の公開

 

 
-3
行動計画を策定した旨を労働局に届け出

 

Step③
 

行動計画期間内に取組目標を達成

→ 加速化Aコース支給申請(目標達成から2カ月以内)

Step④
 

取組目標達成時から3年以内に数値目標を達成

→ 加速化Nコース支給申請(目標達成から2カ月以内)

 

2.加速化Aコース

 
数値目標の達成に向けた取組目標を達成した場合に支給

 

 
業種に関わりなく、常時雇用する労働者が300人以下の事業主のみを対象

 

 
受給額:1企業につき1回限り 28万5千円(生産性要件を満たした場合36万円)

 

 

3.加速化Nコース

 
数値目標の達成に向けた取組目標を達成した上で、その数値目標を達成した場合に支給

 

 
雇用する労働者数に関わりなく支給対象となる。ただし、常時雇用する労働者が301人以上の大企業は、女性管理職比率の上昇等の条件がある。

 

 
常時雇用する労働者が300人以下の中小企業の数値目標達成が基準値以上の場合、加算がある。

 

 
受給額:300人以下→

1企業につき1回限り28万5千円(生産性要件を満たした場合36万円)

女性管理職比率基準値以上の場合47万5千円(同 60万円)

301人以上→

対象外

女性管理職比率基準値以上の場合28万5千円(同 36万円)


参照:両立支援助成金 女性活躍加速化コース 支給申請の手引き(平成29年度版)


(沖田 眞紀 社労士事務所コンフィデンス 特定社会保険労務士)
2018.2.26
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

関連記事

2040年までに健康寿命を3年延ばせ~国が目指す新たな予防・健康づくり~

2040年までに健康寿命を3年延ばせ~国が目指す新たな予防・健康づくり~

協会けんぽの「インセンティブ制度」とは?

協会けんぽの「インセンティブ制度」とは?

働き方改革関連法案成立、気になるその内容は?

働き方改革関連法案成立、気になるその内容は?

依然として厳しい「介護離職者」の動向 ~2017年就業構造基本調査より~

依然として厳しい「介護離職者」の動向 ~2017年就業構造基本調査より~

ランキング

FPSクラブ

おすすめ