保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > 活用したい今春注目の補助金

活用したい今春注目の補助金

活用したい今春注目の補助金
 平成29年12月、経済産業省より「平成29年度経済産業省関連補正予算案のPR資料」が発表された。その資料の14頁から17頁にかけて、中小企業ならぜひ活用したい4つの補助金の予算案の記載がある。今回は、それらの補助金について紹介しておきたい。

小規模事業者持続化補助金(14頁)

 小規模事業者が将来の事業承継も見据え、ビジネスプランに基づいた経営を推進していくため、商工会・商工会議所と一体となって経営計画を作成し、販路開拓に取り組む費用に対するものである。
(1)補助上限額:50万円(通常)、100万円(賃上げ、海外展開、買物弱者対策等)
500万円(将来の事業承継を見据えた共同設備投資等)等
(2)補助率:2/3

IT導入補助金(15頁)

 中小企業等の生産性向上を実現するため、バックオフィス業務等の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)に資するITの導入に対するものである。
(1)補助額:15万円~50万円
(2)補助率:1/2
(3)想定する主なITのイメージ
①簡易税務・会計処理、②POSマーケティング、③簡易決済、④在庫・仕入れ管理、⑤顧客情報管理・分析 等

事業承継補助金(16頁)

以下のいずれかの経費が対象となる。
(1)事業承継・世代交代を契機として、Ⅰ経営革新(ベンチャー型事業承継)等に取り組む中小企業、Ⅱ事業転換に挑戦する中小企業に対し、設備投資・販路拡大・既存事業の廃業等に必要な経費。
(2)サプライチェーンや地域に根付いた価値ある事業の継続のために、事業再編・事業統合を促進して、サプライチェーンや地域経済の活力維持、発展を図る取組に必要な経費。

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(17頁)

以下の3つの区分の経費が対象となる(専門家を活用する場合、補助上限額30万円アップ)。
(1)企業間データ活用型(補助上限額:1,000万円/者、補助率:2/3)
複数の中小企業・小規模事業者が、事業者間でデータ・情報を共有し、連携体全体として新たな付加価値の創造や生産性の向上を図る取組に対するもの。
(2)一般型(補助上限額:1,000万円、補助率:1/2)
中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等。
※以下のいずれかの場合は補助率が2/3
①平成30年通常国会提出予定の生産性向上の実現のための臨時措置法(仮称)に基づく先端設備等導入計画(仮称)の認定を取得した場合
②経営革新計画の承認を取得して一定の要件を満たした場合
(3)小規模型(補助上限額:500万円、補助率:小規模事業者2/3、その他1/2)
小規模な額で中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に対するもの(設備投資を伴わない試作開発等も対象)。

なお、上記の4つの補助金は、国会での補正予算の成立後の2月から4月ぐらいに公募情報が発表されるものと考えられる。

参考:経済産業省「平成29年度 補正予算案の概要(PR資料)」


(菊本 翔太 マネーコンシェルジュ税理士法人)
2018.2.1
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

関連記事

自筆証書遺言の要件が緩和、保管制度も創設

自筆証書遺言の要件が緩和、保管制度も創設

平成29年度ふるさと納税、寄附額は過去最高の3,653億円

平成29年度ふるさと納税、寄附額は過去最高の3,653億円

5年間の非課税期間が終了したNISA

5年間の非課税期間が終了したNISA

相続税申告漏れは現預貯金がトップ

相続税申告漏れは現預貯金がトップ

ランキング

FPSクラブ

おすすめ