保険セールスのための情報サイト

検索ボタン
 >  > ものづくり補助金の申請準備はお早めに!

ものづくり補助金の申請準備はお早めに!

ものづくり補助金の申請準備はお早めに!
 平成29年12月8日、安倍内閣の臨時閣議が行われ、2兆円規模の「新しい経済政策パッケージ」が正式決定された。その文面の中で、「『ものづくり・商業・サービス補助金』等の予算措置を拡充・重点支援する」との記載がある。つまり、いわゆる「ものづくり補助金」の公募がされるようだ。そこで来年の公募開始前に、今のうちに検討できることをいくつか述べておきたい。

今回のものづくり補助金のスケジュール予想

 公募の時期は未定だが、例年の流れを踏まえると、1月に発表され、2月~4月の公募期間となる可能性がある。なお、その公募締め切りから1~2ヶ月(5月~6月)で採択が発表され、そこから1ヶ月(7月)で交付申請を行い、その後から年末(8月~12月)までが事業実施(設備投資)期間というスケジュールが予想される。
 この場合、スケジュールがタイトになるため、もしかすると公募期間が1次、2次と2回に分かれるかもしれない(例えば、2月~3月と6月~7月など)。予算も拡充されることから、ありえるのではないだろうか。

今のうちから準備を始めるのが肝心

 この「ものづくり補助金」の採択を受けるためには、事前準備が大切なことは言うまでもない。しかし、具体的に何をしておけばよいのか、わからないこともあるかと思われる。以下に、今だからこそできることをまとめてみた。

1.設備投資の内容とスケジュールを検討する
2.導入したい設備の見積書をとる
3.前回の公募要領を良く見る(期間、要件、審査ポイントなど)
4.前回落選された方は、不採択理由を該当地区の中小企業団体中央会に尋ねる
5.「IoT、AI、ロボット、経営力強化、生産性向上、革新的サービス」がキーワードになる可能性があるので、取り組みたい事業がそれらに結び付くか考える
6.審査において加点となる、「経営力向上計画」を申請しておく

参考:全国中小企業団体中央会「平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募について」


(菊本 翔太 マネーコンシェルジュ税理士法人)
2018.1.4
(出典:FPS-net http://www.fps-net.com/

関連記事

29年度査察、消費税受還付・無申告ほ脱事案を積極告発

29年度査察、消費税受還付・無申告ほ脱事案を積極告発

新設されたⅡ型(M&Aタイプ)の「事業承継補助金」

新設されたⅡ型(M&Aタイプ)の「事業承継補助金」

「平成30年度税制改正の解説」を掲載しました

「平成30年度税制改正の解説」を掲載しました

郊外自宅土地の含み損を利用した効果的な老後資金対策

郊外自宅土地の含み損を利用した効果的な老後資金対策

ランキング

FPSクラブ

おすすめ